Japan Medicine monthly から

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
経過を注意深く観察すると、ウイルス感染症と思うはずですが!

連日になりますが、今日もJapan Medicine Monthlyから。

小児科医からの提言。
a0082724_2228265.jpg

期待をして読み始めました。
「小児科は症状を重視する傾向にある」
その通りです。

急性中耳炎は急性ウイルス性呼吸器感染症ですと進むんかなと思いました。

しかし、期待は裏切られました。

なんと、
「抗菌薬と抗菌薬の併用を勧める」でした。
どこまでも抗菌薬診療を勧めておられます。

あ-あ、

耳鼻咽喉科は小児科の下請け?

「ウイルス感染症には抗菌薬は不必要」と明言できるはずですよ。
立場上、不都合はないはずですが。

================================================

「スーパー糖質制限」続行中。
本日朝食開始90分血糖値:101mg/dl。

寿司摂取後、血糖値200mg/dl超えの患者さんに、食後血糖を測定してもらいました。
豆腐を中心とした「糖質制限食」です。
a0082724_2252521.jpg

糖尿病治療薬は全て中止してもらっています。
上々の結果です。
献立の工夫をして、続けていただきたいものです。
そうでないと、
人生の最終盤での悲惨な要介護生活を強いられる確率が高くなります。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2013-09-05 22:59 | 急性中耳炎 | Comments(0)