急性中耳炎 症例300

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は繰り上げ100%ウイルス感染症です。
抗菌薬は不要なんですよ。

50歳代の患者さん。
受診理由「耳痛」。

視診
a0082724_23362776.jpg

急性中耳炎・急性副鼻腔炎の診断は容易です。

白血球数とその分類
末梢白血球数  3,300/μl

抗菌薬は不要なウイルス性急性中耳炎・急性副鼻腔炎でした。
膿状の鼻汁・耳漏は細菌感染症と決めつける伝統は捨てるべきと思います。

そして、そして、

血糖値:237mg/dl
検査時刻は9時30分。

内科へはきちんと通院中。
アクトスとボグリボース内服していました。

ブログ「ドクター江部のの糖尿病徒然日記」を参照して下さい。

「糖質制限」の指導は皆無でした。
「カロリー制限」の指導はありますので、安心してご飯・パンを摂っていました。

「糖質制限」を始めるように勧めました。
「食品別糖質量ハンドブック」の購入も言いました。

再診、無かったです。

血糖管理は「糖質制限」により、格段に容易になっております。
医療関係者が「糖質制限」を認め、患者さんへの指導を行ったなら、
糖尿病・食後高血糖は消滅するんです。

================================================

「スーパー糖質制限」続行中。
昼食開始60分後血糖値:105mg/dl。
私は、視力低下を来し後悔しきり、なおのこと当院受診の患者さんへ熱っぽく指導しているのです。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2013-05-20 00:01 | 急性中耳炎 | Comments(0)