急性中耳炎 症例299

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

ジスロマック内服中、「左耳痛」訴えにて来院された5歳の患者さん。

a0082724_22453080.jpg

左鼓膜は中等度膨隆。
右、上鼓室に貯留液の残存認めます。
大量粘膿性鼻汁。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎です。
繰り上げ100%ウイルス感染症と目星を付けます。

「白血球数とその分類」検査
末梢血液白血球数  9,200/μl

ウイルス性急性中耳炎・急性副鼻腔炎に抗菌薬を使用している患者さん、非常に多いです。

抗菌薬を使用する場合には、「白血球数とその分類」検査で確認の上、使用してもらいたいです。

抗菌薬の垂れ流し状態に陥ります。

================================================

「スーパー糖質制限」8ヶ月目に突入しています。
視力以外は順調です。
視力も最悪からは脱出していますが。

a0082724_2343876.jpg


確かに「低糖質パン」のレシピ、たくさんホームページ・ブログで読めるようになって来ています。

時代は、「糖質制限食」です。

昨日の講演会講師の先生も、それを感じていると思います。
防戦一方、でしたよ?

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2013-05-03 23:12 | 急性中耳炎 | Comments(0)