急性中耳炎 症例293 その2 

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。
また、耳汁・鼻汁・咽頭喉頭からの検出菌分離菌を、どんな理屈で起炎菌と判断しているのか、説明不足を感じます。


10月29日、書き込みした1歳5ヶ月の赤ちゃん。
a0082724_1405318.jpg


RSウイルス陽性ウイルス性急性中耳炎と診断しました。

ウイルス性感染症には抗菌薬不使用鉄則を守ること1ヶ月、
a0082724_1431928.jpg


鼓室内からの排液が進んでおりました。

しかし、

次の風邪ウイルスの襲来での増悪は避けられないのです。

こんな呼吸器感染症の繰り返しは乳幼児期の赤ちゃんの仕事なんです。

繰り返し繰り返し急性中耳炎・急性副鼻腔炎の改善増悪が続くのが自然な姿と思います。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

私は、「スーパー糖質制限食」を軌道に乗せたと思っています「食後高血糖人」。

本日、昼食開始60分後血糖:125mg/dl

「子供の入学式までには瘠せたいな」と言うておられた患者さん。

朝食数時間後血糖:202mg/dl

「糖質制限食」を説明した所でした。

先ずは、書店に直行していただきました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
[PR]

by hanahanak2 | 2012-11-14 14:22 | 急性中耳炎 | Comments(0)