いつもノドに何かが掛かっていて気持ち悪い

四国徳島からです。

耳鼻咽喉科と言えば、内視鏡下副鼻腔手術。
他科からは、術後改善度に対し、批判を受けております。
確かに全ての方々が1回の手術で完成することは無理と言うものです。


74歳の患者さん。
術前、
a0082724_22123888.jpg

非常によく見掛ける、鈎状突起の肥大。
後鼻漏が多い傾向になります。
前部副鼻腔(上顎洞・篩骨胞・前頭洞)を確実に手術すると、
a0082724_22125020.jpg

術後3ヶ月でこんなにきれいな粘膜になってまいりました。

後鼻漏減少(無くなったとは言うてくれない)、嗅覚改善を獲得しました。

とにかく、完成までやれば完成するはずです。

鼻中隔矯正術に比べ、内視鏡下副鼻腔手術の難易度はやはり高いものと実感しています。

投薬で改善しない場合には、やはり、手術をしないと健康鼻生活は獲得出来ません。
[PR]

by hanahanak2 | 2012-02-06 22:25 | 内視鏡下副鼻腔手術 | Comments(0)