急性中耳炎 症例257 その2

四国徳島からです。

代表的な呼吸器感染症である急性中耳炎・急性副鼻腔炎には抗菌薬(抗生物質)は不要ですと訴えています。
何故なら、原因微生物は、RSウイルス等のウイルスと思われるからです。


12月25日に書き込みした現在24歳の患者さん。
繰り返す急性中耳炎での1年間の当院での投薬を振り返ってみます。
平成元年3月 セフスパン 2日分+2日分+2日分
          抗菌薬なし7日分+7日分+7日分
4月 パセトシン 3日分
    抗菌薬無し 7日分+7日分
5月 抗菌薬無し 7日分
    ミオカマイシン 7日分
    抗菌薬無し 7日分+7日分+7日分
    パセトシン  3日分+3日分
6月 パセトシン  3日分+3日分
    セフスパン  3日分
    抗菌薬無し  7日分+7日分
7月 抗菌薬無し 7日分+7日分+7日分
8月 抗菌薬無し 3日分+7日分+7日分
    ボルタレンサポ
9月 抗菌薬無し 7日分
10月 セフスパン  3日分
     抗菌薬無し 7日分+7日分
11月 セフスパン 3日分
     抗菌薬無し 7日分
12月 ボルタレンサポ
以上、当院で34日分の抗菌薬を処方していました。
今、振り返ってみますと上記抗菌薬は全て不要と思います。
非常に恥ずかしいことをやっておりました。
大いに反省しております。
他医療機関での抗菌薬処方も合算すると、紛れもなく、恐怖です。

繰り返すウイルス性上気道下気道感染症に対してこれでもかこれでもかと抗菌薬を使うのは妥当とは言えません。
 

[PR]

by hanahanak2 | 2011-12-29 16:38 | 急性中耳炎 | Comments(0)