急性中耳炎 症例227

四国徳島からです。

「急性中耳炎・急性副鼻腔炎はウイルス感染症」、これを基本に、例外的な細菌感染症の存在に注意した診療をやっているつもりです。

46歳の患者さん。
受診理由は左右の耳痛。寝られない。
体温36.2度。
まず視診、
a0082724_10172872.jpg

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、そのほとんどはウイルス感染症です。
血球計測で確認しました。
a0082724_1134392.jpg

急性炎症のピークにの関わらず、顆粒球(ほぼ好中球)、5,900/μlでした。
ウイルス感染症と診断。
通常、急性中耳炎の耳痛は数時間で軽減するのですが、当患者さんは1日以上続き体力消耗も見受けられましたので、鼓膜切開をいたしました。
そして
2週間後、
a0082724_1110111.jpg

①急性中耳炎は、ほぼ治癒に近づいて来ていました。
②粘膿性鼻汁も少なくなってきました。

つまり、急性中耳炎・急性副鼻腔炎はウイルス感染症なんです。抗菌薬(抗生物質)は要らないんです。
急性中耳炎は、通常、待っていれば治るんです。
急性副鼻腔炎は、待っていれば、改善してきます。

[PR]

by hanahanak2 | 2011-05-25 11:34 | 急性中耳炎 | Comments(0)