急性中耳炎 症例215 顆粒球に注目

おはようございます。
四国徳島からです。

昨日と同じく、RSウイルス迅速検査で陽性の患者さんです。
3歳11ヶ月の患者さん。
受診3日前より、マイコプラズマ肺炎の診断で抗菌薬ジスロマックの投与を受けておられました。
耳が痛いということで来院されました。
受診時も痛がっていました。
鼓膜鏡下・クリニカライト下で急性中耳炎・急性副鼻腔炎と診断いたしました。
問題の血球計測、
末梢血液白血球数 10,700/μl 
白血球3分類   リンパ球  5,300/μl H
           単核球   1,600/μl H
           顆粒球   3,800/μl 
そして、RSウイルスが陽性

白血球分類で、顆粒球が1万以下なら細菌感染症ではないと判定して良いと思います。
顆粒球が1万以上の場合、リンパ球が3千以上なら細菌感染症ではないと判定しても良いと思います。

インフルエンザ・RS・アデノ・溶連菌等の迅速検査と対比していただくと上記の判定はかなりな参考資料となるはずです。

如何なものでしょう。
[PR]

by hanahanak2 | 2011-03-22 08:26 | 急性中耳炎 | Comments(0)