急性中耳炎 症例73 その2

現在5歳になりました。
当院へ急性中耳炎で初診は2歳5ヶ月でした。
平成19年11月4日に書き込みしました赤ちゃんです。
ブランクを作りながらの断続的な通院を続けておりました。

今年の夏は治癒の宣言が可能な予感を感じさせる状態になってまいりました。

a0082724_2271794.jpg


こんな透明感が出現すれば、将来の中耳炎についての心配はないでしょう。

このように、私は、
急性中耳炎については、子供さんも大人の患者さんも、
抗菌薬(抗生物質)を使わず、月単位・半年単位・年単位で治ってくるのを待つ作戦を実行しています。
説明しても、「父親が薬剤師で、相談すると、抗生物質をもらえと言われたので、抗生物質を下さい」とか言われる事も度々です。そして再診はなくなります。
抗菌薬(抗生物質)の魔力がまだまだ吹き荒れている世の中を痛感します。
[PR]

by hanahanak2 | 2010-06-15 22:21 | 急性中耳炎 | Comments(0)